福島のニュース

<自動運転>福島・浪江で公道走行試験 復興へ実用化探る

ハンドルから手を離した状態で、福島県浪江町中心部を走る自動運転車

 自動運転車による公道走行の実証試験が3日、福島県浪江町の中心部で始まった。公道での試験は県内で初めてで、地元企業が走行データを蓄積。東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が一部で解除された同町で、将来的な公共交通の実用化につなげる。
 ミニバン型車両に全方位レーザーやカメラ、車両制御、地図データソフトを搭載。3次元化して解析する。初日はJR浪江駅−町役場駐車場間(1.1キロ)を最高時速30キロで自動運転。片道2〜3分を数往復した。
 警察庁のガイドラインなどに従い、即時に操作介入できる運転者と、緊急時に必要な操作をするオペレーターを助手席に配置した「レベル3」で実施。ハンドルから手を離した状態で赤信号は停車、歩行者が渡る信号機のない横断歩道では自動ブレーキが作動した。
 ベンチャーの会津ラボ(会津若松市)と福島トヨペット(郡山市)が実施主体。浜通り地方にロボット産業を誘致する「福島イノベーション・コースト構想」に基づく補助金を活用した。
 走行試験は来年2月末まで毎週火曜と第1・第3木曜の午後2〜4時に予定する。夕日でカメラが信号機を確認しづらい場合や、豪雨・積雪時のデータを会津ラボが集積し、福島トヨペットが車両を管理する。
 試験開始式で、福島トヨペットの佐藤修朗社長は「町ににぎわいが戻るよう復興の役に立ちたい」と強調。吉田数博浪江町長は「同じ交通課題を抱える地方都市の起爆剤になる」と期待した。


関連ページ: 福島 経済

2018年12月04日火曜日


先頭に戻る