福島のニュース

いわき海星高職員、生徒と飲酒 車に乗せ事故

 福島県教委は3日、いわき海星高の職員鈴木麗央2等機関士(27)が飲酒の上に同校の男子生徒2人を乗用車に乗せて事故を起こし、3人が重軽傷を負ったと発表した。いわき東署が酒気帯び運転容疑などで捜査している。
 県教委によると、鈴木機関士は「11月まで約2カ月続いたハワイ沖での遠洋航海実習の打ち上げで集まった。生徒3人と計4人で飲酒した」との趣旨の話をしているという。
 東署などによると、2日午前3時半ごろ、いわき市小名浜の県道で、鈴木機関士の車が道路脇の建物のシャッターや止まっていた複数の車に衝突。鈴木機関士と生徒(16)がともに胸に大けがをした。別の生徒(17)は顔に軽いけが。
 県教委の説明で、もう1人を含め生徒3人は海洋工学科2年生。鈴木機関士は3人と1日午後7時ごろから居酒屋で飲酒。自身の車でカラオケ店に移り、翌2日午前3時すぎまで飲酒した。事故は生徒1人を車で自宅に送り届けた後に起こしたという。
 航海実習には生徒ら約50人が参加した。打ち上げと称した同様の行為について同校は県教委に「なかった」と説明したという。
 記者会見した県教委の熊田孝政策監は「事実関係を確認して厳正に対処する。教育への信頼を裏切り、おわび申し上げる」と謝罪した。


関連ページ: 福島 社会

2018年12月04日火曜日


先頭に戻る