山形のニュース

<ジェットスター>成田−庄内就航目指す 社長表明「検討加速させたい」

 格安航空会社(LCC)ジェットスター・ジャパンの片岡優社長は4日、山形県庁を訪れ、成田空港と庄内空港(酒田市)を結ぶ路線の就航を目指す意向を吉村美栄子知事に伝えた。実現すれば東北で同社の路線開設は初めて。
 同社は11月27日、国内路線の拡充を図る方針を発表した際、観光資源が豊富でビジネス需要も見込めるとして成田−庄内線を有力候補に挙げた。
 片岡社長は4日、酒田、鶴岡両市を訪問し、庄内空港の施設を確認。「発表以降、早期就航を求める多くの声が届いた。雪対策など運航上の課題を解決し、検討を加速させたい」と述べた。
 吉村知事は「お手頃な価格で首都圏と行き来できれば、庄内地域の活性化につながる。ぜひ実現してほしい」と応じた。庄内空港では現在、羽田−庄内線が1日4往復している。


関連ページ: 山形 経済

2018年12月05日水曜日


先頭に戻る