宮城のニュース

<特殊詐欺>架け子グループ4容疑者再逮捕 宮城県警

 警察官などを装いキャッシュカードをだまし取ったとして、宮城県警捜査2課などは5日、詐欺の疑いで、いずれも無職の杉本輝貴(43)=本籍男鹿市=、宮崎健太(28)=埼玉県草加市=、今村佑也(28)=同県越谷市=、少年(19)=東京都墨田区=の4容疑者を再逮捕した。
 逮捕容疑は共謀して10月11日午後1時すぎ、東京都中央区のマンションから渋谷区の無職女性(86)宅に「日本銀行庁職員」や警察官を装って電話し、「銀行口座から金が引き出されている」などと偽り、キャッシュカード2枚をだまし取った疑い。4人の認否は明らかにされていない。
 同課によると、別の男が同日、女性宅でカードを受け取り、近くのコンビニエンスストアの現金自動預払機(ATM)で計約130万円を引き出した。4人はうその電話をかける「架け子」グループで、逮捕は3回目。5日に少年は処分保留となり、残る3人は詐欺罪で起訴された。


関連ページ: 宮城 社会

2018年12月06日木曜日


先頭に戻る