福島のニュース

職員飲酒事故で県立学校に通知 福島県教委

 いわき海星高の職員が酒気帯び状態で生徒2人を乗せて乗用車を運転し、事故を起こした問題で、福島県教委は5日、教職員の不祥事根絶を促す文書を県立学校100校などに緊急通知した。
 職員はいわき市の居酒屋などで生徒計3人を同席させて飲酒していた。文書は各校長宛てで、青少年に飲酒させないよう定めた県青少年健全育成条例の趣旨を職員に認識させることなどを求めた。
 教育総務課は取材に「当然のことを記載した恥ずかしい通知だが、教育現場に緩みがあるのであれば是正したい」と説明した。
 不祥事根絶の通知は昨年9月、いわき市の高校教諭が盗撮容疑で事情聴取された際にも出している。


関連ページ: 福島 社会

2018年12月06日木曜日


先頭に戻る