宮城のニュース

<楽天>高梨、5500万円に納得の表情

 変則左腕の高梨は年間を通した活躍が評価され、2500万円の大幅増を勝ち取った。「球団から『今年は調子を崩す選手が多かった中、一年間離脱せず投げてくれた』と言われた」と納得の表情だった。
 新人の昨季はレギュラーシーズン46試合に登板し、クライマックスシリーズでも力投した。一方で、途中2軍降格を味わっただけに「2年目の今年はやっとプロとして一年間働けた」と手応えを語った。
 来季も「言われた場面で投げるだけ」と言い切り、勝ち負けの試合展開に関係なく救援登板してきた姿勢を貫く。「今季は(昨季の)3位から最下位になってしまったので、来年こそ優勝したい」と意欲を見せた。


2018年12月07日金曜日


先頭に戻る