宮城のニュース

<仙台ロイヤルパークホテル>スイートルーム改装 庭園と一体、欧州風

欧州の庭園をイメージしたスカイテラススイート
欧州の庭園をイメージしたスカイテラススイート

 仙台ロイヤルパークホテル(仙台市泉区)は8日、最上階のスイートルーム1室をリニューアルし「スカイテラススイート」としてオープンさせた。
 ヨーロッパの邸宅などで庭園に面して造る「コンサバトリー(温室)」をテーマにリビングルームを改装した。床をタイル張りにして観葉植物を多く配置。窓から見えるホテルのガーデンの景観と一体となり、優雅な空間を演出した。
 国内外で活躍する仙台市のデザイナー尾形欣一さんがプロデュースした。通常宿泊料金は1泊10万6920円。21日までの平日と日曜日は、リニューアル記念で1泊朝食付き3万7000円となる。
 同ホテルが進めるリゾートホテル化の一環で、初めて客室を本格改装した。広本浩二総支配人は「ただ広いだけでなく、『ここに泊まりたい』と思える価値を付加した。今後も客室の改装を進める」と話した。


関連ページ: 宮城 経済

2018年12月08日土曜日


先頭に戻る