秋田のニュース

「生薬の里」薬膳でPR 秋田・八峰で地元女性ら考案、副知事試食し高評価

薬膳メニューを開発した八峰町の女性と薬膳実践学院の滝本さん(左端)を前に、試食する川原副知事(手前)。満足した様子だった
八峰町の生薬植物を使ったロール白菜。紫色に色付けしたキキョウの根が彩りを添える

 キキョウやカミツレといった生薬植物の栽培に取り組んでいる秋田県八峰町が、地元食材を使った「薬膳メニュー」を開発した。町内のレストランや農家民宿などで提供し、「生薬の里 八峰町」としてPRにつなげる。
 メニューを考案した町内の女性と森田新一郎町長らが7日、県庁に川原誠副知事を訪ね、完成報告会を開いた。白菜を使った「ロール白菜」は、紫キャベツ色素で色付けしたキキョウの根を丸ごと1本トッピングするなど見た目にもこだわった。
 川原副知事は焼いたハタハタとキキョウの根、カラスミをあえたパスタを気に入った様子。「食べて健康になれるのがいい。コース料理にして提供してはどうか」と期待した。
 開発に協力した薬膳実践学院(東京)の滝本靖子代表学院長は「キキョウは喉の痛みやせきを鎮める効果がある。苦みがないので、スイーツに入れてもいいかも」と解説した。
 町では本年度、10農家が生薬植物を栽培。キキョウ23キロ、カミツレ50キロの全量を製薬会社の龍角散(東京)に出荷する。2年後にキキョウの収穫を300キロに増やし、将来は4トンまで引き上げる計画という。
 森田町長は「メニューには規格外のキキョウを使い、食材として有効活用する。生薬で町を盛り上げたい」と話した。
 薬膳メニューは「道のレストランはっぽう」など町内5店で味わえる。連絡先は町産業振興課0185(76)4605。


関連ページ: 秋田 経済

2018年12月08日土曜日


先頭に戻る