宮城のニュース

<永井真理子さん>子ども支援に役立てて 震災育英基金に寄付

寄付金を贈呈し、被災地への思いを語った永井さん

 歌手の永井真理子さんが3日、東京・平河町の宮城県東京事務所を訪れ、チャリティーライブの収益の一部100万円を宮城県の東日本大震災みやぎこども育英基金に寄付した。震災で親を亡くした子どもたちの生活支援や心のケアに活用される。
 ライブは11月3日、同県石巻市内のライブハウスであった。石巻市や宮城県女川町の被災地も訪れたという永井さんは「小さな力だが、子どもたちの支援に役立ててもらいたい。定期的に被災地を訪れ、復興する姿を見たい」と話した。
 県内のファン有志らによる実行委員会が、被災地を訪れる人を増やして震災記憶の風化を防ごうと出演を依頼。永井さんが快諾して実現した。石巻でステージに立つのは26年ぶりだったという。


関連ページ: 宮城 社会

2018年12月09日日曜日


先頭に戻る