宮城のニュース

<ベガルタ・天皇杯準V>遠い1点、好機ものにできず 忘れがたい悔しさが人を強くする

仙台−浦和 後半19分、浦和ゴール前で直接FKでゴールを狙う仙台・野津田(右から2人目)(小林一成撮影)

 仙台の選手がピッチに膝を突く。最後までうずくまって顔を上げられない野津田。「今は何も考えられない」。放心したような表情を浮かべる大黒柱の第一声が、無念さを物語る。
 1点が遠かった。前半、仙台のボランチ椎橋が大岩の横に下がって攻撃を組み立てようとするも、浦和もボランチが加わり、同数でのハイプレスを受けた。その分空いた中盤で野津田がフリーになったが、パスが入らない。ロングキックによるFWと浦和DFとの1対1では、分が悪い。
 浦和に疲れが見え始めた後半は押し込んだ。しかし、今度はブロックを敷かれ、中央のスペースを埋められた。プレスもブロックもレベルが高い。
 「守備が堅くて、こじ開けられなかった」と椎橋。ゴール前に抜ける野津田へパスを送った場面など、限られた好機をものにできず、「最後の部分の質に差があった」。前浦和の石原は脱帽する。「浦和は(大舞台の)戦い方を分かっている」
 粘りはあった。失点はスーパーゴールによる1点のみ。崩されてのピンチはほとんどない。手応えを感じた面もあったのだろう。椎橋は繰り返す。「結果が全て」。チームも個人も成長し決勝まで駆け上がり、日本一を本気で狙った。だから、惜しかったなどという準優勝の感慨は湧かない。
 今季の戦いが終わった。野津田は自分に言い聞かせるように語る。「もっと力を付け、決勝の舞台に帰ってくる。次こそは優勝する」。壇上で喜ぶ浦和の選手たちを、ピッチから見上げた。来季、忘れがたい悔しさが人を強くする。
(佐藤夏樹)


2018年12月11日火曜日


先頭に戻る