宮城のニュース

<ベガルタ>初タイトル逃す 渡辺監督「東北ダービーで勝った喜びの数百倍、数万倍悔しい」

表彰式で観客の祝福を受ける天皇杯準優勝の仙台イレブン=埼玉スタジアム(写真部・川村公俊撮影)

 サッカーの第98回天皇杯全日本選手権は9日、さいたま市の埼玉スタジアムに5万978人を集めて決勝が行われ、J1仙台はJ1浦和に0−1で惜敗、初のタイトルを逃した。2009年に4強入りした仙台は準優勝という過去最高の成績で今季を終えた。
 仙台は序盤から攻勢に出たが得点できず、前半13分には浦和に先制を許した。その後も攻め続け、何度か好機をつくったが堅守に阻まれ、ゴールを割ることができなかった。
 試合後、渡辺晋監督は「準決勝の東北ダービーで勝った喜びの数百倍、数万倍悔しい」と話し、「チームも選手も前に進んでいく」とさらなる進化を誓った。
 仙台は2回戦でJ3群馬、3回戦でJ2大宮、4回戦でJ1横浜M、準々決勝でJ1磐田を撃破。5日に仙台市泉区のユアテックスタジアム仙台で行われた準決勝でJ2山形を3−2で破り、初めて決勝に進んだ。


2018年12月11日火曜日


先頭に戻る