宮城のニュース

<美里町>新設の中学開校先送りへ 3中学再編で教育長が可能性示す

 宮城県美里町は11日の町議会12月会議で、町内3中学校を再編して新設する中学校の開校時期について、予定していた2021年4月から先送りする可能性を示した。大友義孝教育長が一般質問に答えた。
 大友教育長は議会後「建設費の削減や着工時期を含め、目標時期を予定より先にすることを視野に検討している」と説明。年内に予定していた住民との意見交換会についても「新校舎の候補地選定や予算などを慎重に考えている最中で、年内の開催は難しくなった」と話した。来年1月下旬ごろの開催を目指す。
 計画では小牛田、不動堂、南郷の3校を1校に統合。候補地はJR小牛田駅周辺が有力とみられ、新校舎建設には数十億円かかるという。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年12月12日水曜日


先頭に戻る