宮城のニュース

障害者いきいき活躍 プレーに熱、観客も興奮 仙台でバリアフリーサッカー

熱戦を繰り広げる選手たち

 知的障害者サッカーチームによる交流戦「バリアフリーサッカー ベガルタカップ」が8日、仙台市青葉区のワッセ仙台であった。
 宮城、岩手、福島、山形、埼玉の各県から20チームが出場。障害の程度やチームのレベルに応じて4グループに分かれ、屋内コートで5人制フットサルのリーグ戦を行った。白熱した攻防に、見守った各チームの関係者らから盛んな拍手が送られた。
 大会はサッカーJ1のベガルタ仙台などの主催で10回目。東北の障害者サッカーの普及と競技レベル向上などを目的に開かれている。
 最終成績は次の通り。

 ▽オープンリーグ (1)仙台フォルツァA(2)チーム桜(3)SFIDA郡山A
 ▽ミドルリーグ (1)石巻Amazing(2)アビーカ米沢(3)仙台フォルツァC
 ▽エンジョイリーグ (1)アバンツアーレスポーツ仙台(2)石巻Brise(3)ACsakura・A
 ▽ユニファイドリーグ (1)SFIDA郡山B(2)岩手FID・B(3)わ・は・わ


関連ページ: 宮城 社会

2018年12月12日水曜日


先頭に戻る