秋田のニュース

<ナガマツペア>世界バド連盟「最も成長した選手」に選出

BWFから「最も成長した選手」に選ばれた永原選手(左)と松本選手

 世界バドミントン連盟(BWF)は10日、世界選手権女子ダブルスで日本勢では41年ぶりに金メダルを得た北都銀行(秋田市)の永原和可那(22)=青森山田高出=、松本麻佑(23)の両選手を今季の「最も成長した選手」に選んだ。
 中国・広州でBWFの年間表彰式があり、ドレス姿の両選手が記念の盾を受け取った。
 永原選手は「このような賞を頂けると思っていなかったので驚いた。さらに上を目指し頑張る」、松本選手は「秋田の皆さまの温かい声援と支えがあったからこそ。とてもうれしい」と喜んだ。
 今季、永原・松本ペアは世界選手権初出場で優勝の快挙を成し遂げたほか、数々の国際大会で活躍し世界ランキングを3位まで押し上げた。


2018年12月12日水曜日


先頭に戻る