福島のニュース

自宅に2年以上母親の遺体隠す 遺棄容疑の娘を逮捕

 福島県いわき東署は12日、実母の遺体を2年以上にわたって自宅に隠していたとして、死体遺棄の疑いで、いわき市小名浜上神白、自称パート従業員安斎美智代容疑者(53)を逮捕した。
 逮捕容疑は2016年9月ごろ、同居していた実母マサ子さん=当時(85)=が自宅で死亡しているのを認識しながら、遺体を自宅内に隠して遺棄した疑い。東署によると、遺体は箱のような物に入れられており、白骨化していた。目立った外傷はなく、東署は司法解剖して死因を調べる。
 東署によると、容疑者はマサ子さんと2人暮らし。親族が11日、2人の所在が分からないと届け出て、署員が12日、自宅で遺体を発見。茨城県内にいた容疑者に事情を聴くと容疑を認めたという。


関連ページ: 福島 社会

2018年12月13日木曜日


先頭に戻る