岩手のニュース

<三鉄リアス線>全線直通5本通勤帯増発 来年3月23日開通ダイヤ発表

 岩手県などが出資する第三セクターの三陸鉄道(宮古市)は13日、来年3月23日に開通する「リアス線」のダイヤを発表した。通勤時間帯の増発や夜間運行便の新設で利便性の向上を図る。23日はJR山田線から移管される釜石−宮古間で記念列車を運行し、営業運転開始は24日となる。
 盛−久慈間の163キロを結ぶ直通列車は1日5本(上り3本、下り2本)を運行し、所要時間は4時間21〜38分。盛−宮古間は5本(上り2本、下り3本)、釜石−久慈間は3本(上り1本、下り2本)となる。
 新たに加わる宮古−釜石間は上下各11本を運行。朝の通勤時間帯に増発する岩手船越−宮古間の下り列車1本を含めると、東日本大震災前の山田線の計20本に比べて1日3本の増便となる。
 盛−釜石間は上下各11本、宮古−久慈間は上下各12本。宮古−岩泉小本間に平日夜、上下各1本を新設する。宮古発は午後9時24分、岩泉小本発は午後10時10分。
 リアス線開通に伴ってJR宮古駅の経営は三鉄に移管され、三鉄がJRの乗車券販売業務などを担う。盛と久慈にある車両基地は宮古に集約する。
 中村一郎社長は「新ダイヤは路線が一本になることを効果的に生かした。沿岸部の縦の移動が促進されることを期待したい」と話した。記念列車の乗車は公募する予定で、詳細は来年1月に発表する。


関連ページ: 岩手 経済

2018年12月14日金曜日


先頭に戻る