広域のニュース

東北電入札情報179件誤り漏えい 経産省HPで

 東北電力は13日、経済産業省のホームページ(HP)に掲載された同社作成の資料で入札に参加した92社、179件の社名や入札価格などを誤って閲覧可能な状態にしたと発表した。入札手続きは終了し、影響はないという。
 漏えいしたのは、東北電が北東北3県の電源接続希望者を対象に7月実施した入札データ。有識者会議の資料に盛り込まれ、12日午後5時14分〜13日午前11時4分、資料の円グラフをクリックすると閲覧できるようになっていた。
 利用者から経産省に指摘があり、発覚した。閲覧可能だった間のアクセス数は不明。東北電は「入札参加者にご迷惑を掛け、おわびする」と陳謝し、各社に事実関係を説明する考えを示した。


関連ページ: 広域 社会

2018年12月14日金曜日


先頭に戻る