岩手のニュース

<ふるさと納税>スマホで支払いできる金券「電子感謝券」八幡平市が東北初導入

ふるさと納税による電子感謝券利用を呼び掛ける八幡平市のチラシ

 八幡平市は、ふるさと納税の返礼品にスマートフォンで支払いができる金券「電子感謝券」を加えた。納税先の自治体だけで利用できる仕組みで、東北では初の導入となる。
 市は寄付額の30%をポイント還元する。利用者はスマホのアプリ「ふるさとチョイス電子感謝券」をダウンロードして市に寄付。商品などを購入する際に2次元バーコードを専用読み取り機にかざして精算する。1ポイントは1円換算。
 手始めに安比高原スキー場内で、宿泊や飲食、土産物購入の支払いに使ってもらう。市内の宿泊施設や飲食店に協力を呼び掛け、利用できる店舗を増やす計画だ。
 市企画財政課は「感謝券を通じて交流人口を拡大し、観光業や飲食業の活性化を図りたい」としている。


関連ページ: 岩手 政治・行政

2018年12月15日土曜日


先頭に戻る