青森のニュース

<青森・アスパム>ドイツのXマス体感 巨大ツリーも登場

クリスマスツリーの下で記念撮影する来場者

 青森県観光物産館アスパム(青森市)で15日、ドイツをイメージしたクリスマスマーケット(実行委員会主催)が始まった。県内の冬の観光を盛り上げるのが狙い。25日まで。
 主な会場はアスパム西の駐車場。中心には高さ10メートルのクリスマスツリーが展示され、記念撮影を楽しむ人たちでにぎわった。
 周囲にはヒュッテが立ち並び、特製ソーセージや県産リンゴを使ったドイツで人気のソフトドリンク、クリスマス用の装飾などを買い求める列ができた。
 娘と訪れた青森市のアルバイト相川美紀さん(52)は「ツリーがきれいで、背景のアスパムとも合っていた」と語った。
 マーケットの開催時間は正午〜午後9時。ツリーは期間中、日没後から終了時間まで点灯される。


関連ページ: 青森 社会

2018年12月16日日曜日


先頭に戻る