福島のニュース

<福島第1原発>デブリ取り出し ロボコンで挑む

課題クリアまであと一歩に迫り、笑顔を見せる福島高専チーム

 全国の高専生が東京電力福島第1原発の廃炉に役立つロボットのアイデアと技術を競う「廃炉創造ロボコン」が15日、福島県楢葉町であった。東北勢は福島高専(いわき市)と一関高専(一関市)がそろって入賞。課題を唯一クリアした長岡高専(新潟県長岡市)が最優秀賞に選ばれた。
 今回が3回目で、全国14校とマレーシア工科大の計16チームが出場した。課題は溶融核燃料(デブリ)の取り出しを想定し、より実践的に。原子炉圧力容器を支える台座の模型を使い、カメラを使った遠隔操作で約3.2メートル下のボールの回収に挑んだ。
 台座との行き来に直径0.24メートル、長さ4メートルのパイプを通るため、コンパクトさも求められた。
 福島高専は4人ともロボット作り初挑戦。ボールを確保してゴール手前の台座まで戻り、アイデア賞を受けた。車輪も使って小回りの利く設計が評価された。
 リーダーの5年小林由佳さん(20)は「難しい課題だったが、よく動いてくれた。人の役に立つロボットを作れるようになりたい」と話した。
 技術賞の一関高専の3人は昨年の優秀賞に続く入賞。カメラを可動式にして操作性を高めた。
 廃炉ロボコンは創造的な人材育成が狙い。全国の高専でつくる協議会と文部科学省が主催した。


2018年12月16日日曜日


先頭に戻る