宮城のニュース

東北電力図画コンクール、最優秀賞に石巻の内海さん

最優秀賞に選ばれた内海さんの「色々な時代を映す映写機フィッシュ」
内海和紗さん

 第17回東北電力図画コンクール(女川原発主催)の表彰式が15日、石巻市のいしのまき農協であり、最優秀賞に同市万石浦小4年の内海和紗さん(10)が選ばれた。
 「想像の海の生きものたち」をテーマに、石巻地方の幼児から小学生までを対象に作品を募り、過去最多の5546点の応募があった。1次審査と女川原子力PRセンター来場者約1200人の投票を経て、入選作品37点を選出した。
 内海さんの作品「色々な時代を映す映写機フィッシュ」は映写機型の魚が太古から未来に至る映像を次々と映し出す設定で、3Dのような飛び出す画像を表現した。内海さんは「3日間かけ、いろいろな時代の魚を1枚にまとめた。うれしい」と話した。
 1次審査を通過した200点は女川町役場で来年1月25日〜2月3日、石巻市の石ノ森萬画館で2月9〜13日、東松島市の蔵しっくパークで3月9〜14日にそれぞれ展示される。


関連ページ: 宮城 社会

2018年12月18日火曜日


先頭に戻る