宮城のニュース

<B2仙台>熊本に2連敗、3位に後退

 16日、仙台市のゼビオアリーナ仙台など行われ、東地区2位の仙台は西地区首位の熊本に69−86で連敗した。通算16勝8敗で群馬と並んだが、直接対決の得失点差で3位に後退した。
 4位の山形は中地区の八王子に98−93で競り勝ち、通算12勝12敗のタイに戻した。5位の福島は西地区の愛媛に95−101で敗れ、通算10勝14敗。最下位の青森は中地区の西宮に58−77で連敗し通算6勝18敗。
 東北勢は次節の22日に青森−福島、23日に青森−福島、仙台−山形、24日に仙台−山形がある。

◎またも後半崩れる

熊本(19勝5敗) 86 19−13 69 仙台(16勝8敗)
             18−26
             23−9
             26−21
▽観衆 3008人(ゼビオ)

 仙台が前日の第1戦に続いて後半に崩れ、熊本に2連敗を喫した。39−37で迎えた第3クオーターに連続14得点を許し、流れを失った。ターンオーバーから何度も速攻を決められ、点差を広げられた。


2018年12月17日月曜日


先頭に戻る