宮城のニュース

<みやぎ協創ファンド>石巻・平孝酒造に初の融資を実施 七十七銀と政投銀

 七十七銀行と日本政策投資銀行(政投銀)は17日、日本酒「日高見」で知られる平孝酒造(宮城県石巻市)に融資したと発表した。両行が共同で9月設立した「みやぎ地域価値協創ファンド」による最初の投資案件。
 1861年創業の平孝酒造は日高見が全国で親しまれ、精米歩合といった基準ごとに純米吟醸、特別純米などと造り分ける「特定名称酒」の製造に早くからシフトした。融資は酒蔵の建て替えや、生産性向上のための機械設備の導入に充てる。金額は非公表。
 政投銀東北支店の担当者は「契約店舗と連携した販売などでブランド価値を維持している。地域活性化に向けて長期的に支援したい」と説明した。


関連ページ: 宮城 経済

2018年12月18日火曜日


先頭に戻る