宮城のニュース

<名取2人死亡火災>「本当に悲しく残念」小学校で犠牲の児童悼む

 宮城県名取市増田5丁目のマンションで、会社員三沢拓也さん(31)方が全焼し2人が死亡した火災で、亡くなった三沢さんの長男拓美君(8)が通っていた増田小(児童951人)で17日、臨時集会があり、吉木修校長が児童に事実関係を説明し、心のケアに当たった。
 吉木校長は集会で「本当に悲しく、残念なことだ。火事は一瞬にして全てを奪っていく。十分に気を付けて生活してほしい」と話した。拓美君のクラスメートの中には集会後に泣きだす子もいたといい、同校はスクールカウンセラーを配置するなどして対応した。
 火災は15日午後発生し、約60平方メートルが全焼。拓美君が亡くなり、次男友也ちゃん(1)とみられる遺体も見つかった。三沢さんら両親は不在だったという。


関連ページ: 宮城 社会

2018年12月18日火曜日


先頭に戻る