宮城のニュース

ミニスーパー「イオンエクスプレス」名取に初出店 イートインも設置

名取市に初出店したイオンエクスプレス

 イオンリテール東北カンパニー(仙台市)は18日、ミニスーパー「イオンエクスプレス」を名取市に初出店した。JR名取駅や市図書館などに近く、幅広い客層の利用を見込む。
 店舗は「イオンエクスプレス名取駅前店」で、売り場面積約300平方メートル。使い切りサイズの野菜や肉、冷凍食品など約5000品目を取りそろえる。購入した商品を飲食できるイートインスペースも設けた。
 周辺はファミリー向けのマンションが多く、徒歩5分圏内に約2200人が居住している。
 既存の12店舗は全て仙台市内にあり、市地下鉄の沿線中心に立地している。原千斗世(ちとせ)イオンエクスプレス事業部長は「新たな出店先は仙台圏の駅付近の人が集まる場所を検討し、名取進出を決めた」と話す。
 同店の営業時間は午前8時〜午後9時。年中無休。


関連ページ: 宮城 経済

2018年12月19日水曜日


先頭に戻る