宮城のニュース

防犯活動の男性、迷子の男児を保護 白石署が感謝状

感謝状を受け取る村井さん

 白石署は12日、一人で屋外を歩いていた幼児を保護したとして、白石市の養殖業村井雄さん(60)に感謝状を贈った。
 同署などによると、村井さんは11月16日午前7時ごろ、青色防犯パトロール車で白石市福岡深谷付近を巡回中、男児(2)がパジャマのような薄着で、一人で道路沿いにいるのを見つけた。車内に保護して同署に通報し、男児とやりとりして近くの保育園児と分かり、身元が判明した。
 同署であった贈呈式で、村井さんは「日常生活の中でお互いの安全が守れるよう地域で心掛けている」と話した。土井善郎署長は「地域コミュニティーが犯罪を起こしにくい土壌をつくる。日々の防犯活動は大変ありがたい」とたたえた。


関連ページ: 宮城 社会

2018年12月20日木曜日


先頭に戻る