岩手のニュース

<大槌町旧庁舎>町長、解体中断を拒否 職員遺族3人と面会

平野町長(手前右)と面会する職員の遺族たち

 東日本大震災の津波で犠牲になった岩手県大槌町の職員の遺族が19日、平野公三町長と面会した。町が今後実施する職員の死亡状況調査に関連して遺族は真相解明まで旧役場庁舎の解体を中断するよう求めたが、町長は「町のトップとして決断した。中止は考えていない」と拒否した。
 面会したのは、福祉課に勤務していた小笠原裕香(ゆか)さん=当時(26)=の父人志さん(66)と母吉子さん(66)、監査委員室に勤務していた前川正志さん=当時(51)=の妻寿子さん(60)の3人。
 3人は、多くの遺族が肉親の「生きた証し」である旧庁舎の解体中断や壁面の一部を残すなどして津波の高さを示すことを希望していると訴えた。
 今後の調査について町長は「職員の死と向き合ってこなかったことは事実であり、反省している。きちんと調べて報告したい」と説明。一方で今回の面会内容を他の職員遺族や町民、議会に示すことは拒否した。
 人志さんは「多くの遺族が7年9カ月、何も知らされずに苦しんできた。これまでの経緯を公の場で説明するとともに、旧庁舎の解体もいったん立ち止まるべきだ。それが遺族に寄り添うことではないか」と反論した。
 これまで町は震災対応の検証を2度実施したが、職員の最期の状況は調べてこなかった。遺族は5日、町長に「真実に向き合う」よう申し入れ、死亡状況の調査や関連資料の開示を求めていた。


2018年12月20日木曜日


先頭に戻る