秋田のニュース

<秋田県議会>政活費添付書類も公開 来年度分からネットで

 秋田県議会は19日の会派代表者会議で、領収書など政務活動費(政活費)収支報告書の添付書類をインターネット上で公開することを決めた。議長による添付書類の事前チェックも行うことにした。
 対象とするのは、2019年度支出分の添付書類から。20年7月に議会のホームページにアップする。報告書自体は今年7月からネット上で公開している。議長の事前チェックは1年間の添付書類の上半期分について行う。
 添付書類は通常、4月末に1年分がまとめて提出される。4〜9月の上半期分を10月末までに提出することを新たに義務付けて議長がチェックし、より適正な政活費執行につなげる。
 議長による確認のための協議や調整の場として、議員代表による新たな検討会議を設ける。添付書類に修正が必要な点などがあれば議長から議員に指摘する。
 県議会は17年7月に政活費の検討会議を設置。ネット公開などの変更点を反映させた政活費マニュアルの最終改訂版を19年4月に施行する。


関連ページ: 秋田 政治・行政

2018年12月20日木曜日


先頭に戻る