宮城のニュース

<仙台中2自殺>生徒からかい いじめ認定 再調査委が答申

 仙台市泉区の南中山中2年の男子生徒=当時(14)=が2016年2月に自殺した事案を再調査していた市いじめ問題再調査委員会は21日、同級生らによるいじめや学校の不十分な対応など「自死には複数の要因が複合的に関与していた」とする報告書を郡和子市長に提出した。最初の調査結果より踏み込み、男子生徒へのからかいや無視などの行為をいじめと認定した。
 いじめと認定したのは「障害児とからかわれた」「部活動で後輩に『きもい』などと言われた」「クラスでの無視や好意的ではない『いじり』」など。
 報告書は、学校がいじめの可能性を把握したにもかかわらず事実確認や校内での情報共有をせず、学習障害がある生徒へのサポートも十分でないなど「学校の対応の怠慢も大きな要因」と指摘した。
 市教委の第三者委員会「いじめ問題専門委員会」は17年3月、「いじめによる精神的苦痛が自死の一因」とする答申をまとめたが、遺族が再調査を求めていた。


関連ページ: 宮城 社会 いじめ自殺

2018年12月21日金曜日


先頭に戻る