宮城のニュース

<仙台中2自殺>父親、いじめ認定を評価 加害生徒特定はかなわず

 仙台市泉区の南中山中2年の男子生徒=当時(14)=が2016年2月に自殺した事案を巡る市いじめ問題再調査委員会の答申は、具体的ないじめ行為を認定し、学校対応の不備も指摘した。市役所で21日に記者会見した父親は答申に理解を示しつつ「加害生徒が特定できなかったことは残念だ」と悔しさをにじませた。

 父親は「いじめを認定したことは評価している。学校の対応の不備をかなり指摘し、再発防止を強く期待している」と語り、答申を受け入れる考えを示した。
 17年3月の前回答申は「いじめによる精神的苦痛が自死の一因」と指摘したが、自殺に至った背景など核心部分に言及せず、遺族が再調査を求めた。
 再調査委は、男子生徒がいじめを受け学校の支援も不十分なまま精神的に追い詰められた経緯を答申に記した。「相談しても学校は対応せず不信感や絶望感があったと思う。息子の気持ちを分かってくれたと墓前で報告したい」と述べた。
 繰り返し訴えた加害生徒の特定は、かなわなかった。父親は「ふざけただけだと思っているなら、高校や大学でも同じことが起こる。悔い改めるために謝罪してほしい」と求めた。
 男子生徒の障害に関連し、答申は「人と違った特徴を持つからといって、からかいやいじめの対象としはいけない」と強調した。父親は「くせや特徴を理由に複数でいじめるのはいけないことだ」と訴えた。
 男子生徒の死亡から2年10カ月が過ぎた今も、学校や市教委から謝罪はない。「教育長も市長も謝罪せず責任を取ることもなく代わった。謝罪はけじめとして必要だ」と語気を強めた。


関連ページ: 宮城 社会 いじめ自殺

2018年12月22日土曜日


先頭に戻る