岩手のニュース

固い氷を一撃粉砕 「割るぞうくん」人気 盛岡・吉田研磨工業

固い氷を楽に割れる「割るぞうくん」

 冬本番を迎え、吉田研磨工業(盛岡市)の氷砕金棒「割るぞうくん」が売れ行きを伸ばしている。独自の研磨技術を駆使した刃が、路面の固い氷を一撃でたたき割ると評判だ。
 先端の刃は11センチ四方。木材粉砕用の鋼入り刃物を再利用し、焼き入れし直した。高精度大型機械で研磨し、最後は熟練工が路面の氷をはぎ取るのに最も適した角度に磨き上げる。
 鉄筋の金棒は重さが4キロあり、力を加えなくても軽く落下させるだけで厚い氷を割る。6000円(税別)で、柄の長さや重さはオーダーメードも可能。西日本からも注文が舞い込み、年間約200本を売り上げる。
 吉田研磨工業は家庭用包丁や工業用刃物を製造、販売。吉田玉吉社長は「刃の厚さや角度を何度も調整して商品化した。肩や腰に負担をかけることなく固く締まった氷を砕くことができる」とPRする。
 連絡先は同社019(622)0241。


関連ページ: 岩手 経済

2018年12月22日土曜日


先頭に戻る