宮城のニュース

<イチゴ狩り>甘みじわり、幸せな笑顔 宮城・山元でプレイベント

真っ赤に熟したイチゴの摘み取りを楽しむ家族連れ

 宮城県山元町の観光農園「イチゴワールド」で22日、イチゴ狩りシーズン到来に合わせてプレオープンイベントがあった。農園を運営する農業生産法人「GRA」が関係者約130人を招き、地元特産品をPRした。
 イベントは赤く熟した「とちおとめ」が実ったハウスで行われた。イチゴのショートケーキやイチゴのスパークリングワインも用意され、参加者は甘酸っぱい香りで満たされたハウスでイチゴを堪能した。
 イベントには県内の観光関係者も参加。山元町の地場産品を機内カタログでPRするアイベックスエアラインズの客室乗務員が、GRAのスタッフと町産イチゴをPRした。
 名取市の会社員馬場智さん(55)は「大きくて色つやの良いイチゴを見ただけでわくわくした。甘みが口に広がって幸せな気分になった」と笑顔だった。
 町内のイチゴ狩りは山元いちご農園で既に始まり、イチゴワールドは来年1月2日から。夢いちごの郷(さと)は同3日スタート予定。


関連ページ: 宮城 社会

2018年12月23日日曜日


先頭に戻る