宮城のニュース

<光のページェント>サンタが杜にやってきた 仙台市民ら800人パレード

サンタクロース姿で笑顔を振りまく子どもたち=23日午後5時45分ごろ、仙台市青葉区の定禅寺通
笑顔でパレードする子どもたち=23日午後5時50分ごろ、仙台市青葉区の定禅寺通

 2018SENDAI光のページェント(実行委員会主催)のメインイベント「サンタの森の物語」が23日夜、仙台市青葉区の定禅寺通であり、サンタクロースやトナカイの衣装に身を包んだ市民ら約800人が、ライトアップされたケヤキ並木の下を行進した。
 一般公募の市民サンタ約300人のほか、宮城県内のマーチングバンドやダンスチームなど約20団体が参加。クリスマス音楽に合わせてパフォーマンスをしたり、手を振ったりしながら沿道の見物客を楽しませた。
 参加した宮城野区の鶴巻小2年山田佑徳君(8)は「見ている人がハイタッチや握手をしてくれてうれしかった」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年12月24日月曜日


先頭に戻る