福島のニュース

バイクサンタがやって来た! 伊達・親子連れ沿道で歓声

オートバイでプレゼントを運んだ「サンタ」に歓声を上げる子どもたち
大型バイクにまたがった「サンタ」に子どもたちから大きな歓声が上がった=2018年12月23日、福島県伊達市

 サンタクロースやトナカイに扮(ふん)したオートバイ愛好家が子どもたちにクリスマスプレゼントを届けるイベントが23日、伊達市であった。大勢の親子連れが沿道で歓声を上げたり、撮影をしたりして楽しんだ。
 市内の計30人が隊列を組んで児童交流施設3カ所を巡り、菓子入りのブーツ300個を手渡した。子どもたちは「あわてんぼうのサンタクロース」を歌うなどして出迎えた。
 プレゼントを受け取った同市の梁川小3年の古川椛(はな)さん(9)は「オートバイに乗ったサンタを見たのは初めてでうれしかった。来年ももらいたい」と話した。
 ブーツは、同市の友好交流都市でもある滋賀県草津市の商店街から贈られた。草津市はクリスマスブーツの「発祥の地」とされ、東日本大震災からの復興への願いを込めて2016年から寄贈を続けている。


関連ページ: 福島 社会

2018年12月24日月曜日


先頭に戻る