広域のニュース

<全日本レスリング>太田準V「負けたつもりはない」 男子グレコ60キロ級

 男子グレコローマンスタイル60キロ級で、2連覇を狙った太田がライバル文田に敗れた。仕掛け続けた内容と結果がかみ合わず「負けたつもりはない。攻めていたのは俺。あまり反省することはない」。大会関係者に促されてようやく表彰台に上がり、首に掛けられた銀メダルもすぐに外したがった。
 大会前から体調不良だったが安全策は取らなかった。「点が入る面白い試合をしたい」という強気な姿勢で臨んだが、勝負に徹した相手にかわされた。
 来年6月の全日本選抜で優勝しなければ2大会連続の五輪は一気に遠のく。階級を変更する意向はなく「6月にどちらが勝つかは目に見えている。ボコボコにしてやる」と宣言した。


2018年12月24日月曜日


先頭に戻る