宮城のニュース

旧家の白壁で観光PR 大河原町、名所動画を投影 来年1月14日まで

旧家の白壁に映し出された町の観光PR動画

 大河原町は町中心部に残る国登録有形文化財の旧家「佐藤屋」の白壁に、町内の観光名所のPR動画を流す企画「まちなかHOTスクリーン」を実施している。来年1月14日まで。
 動画は縦約3メートル、横約5メートルで5分近く流れる。町の観光PRキャラクター「さくらっきー」が白石川沿いの一目千本桜などを散歩する姿や佐藤屋などを映す。さくらっきーが世界10カ国の「こんにちは」の言葉を紹介する場面もある。
 町役場内にあった町観光物産協会が10月、佐藤屋の隣接地に開館した町にぎわい交流施設に移転したことを記念し、実施した。協会は今回の企画に合わせ、さくらっきーの2019年のカレンダーを400円で販売している。
 午後5〜8時。29日〜来年1月3日は休み。連絡先は町商工観光課0224(53)2659。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2018年12月26日水曜日


先頭に戻る