宮城のニュース

宮城県観光キャンペーン、サザエさんとポケモン起用正式決定 ターゲットは家族連れ

 宮城県は25日、2019年度に実施する観光キャンペーンで、人気漫画「サザエさん」、人気キャラクター「ポケットモンスター」を起用すると正式に発表した。家族連れを中心とした幅広い世代をターゲットに誘客策を繰り広げる。

 キャンペーン期間は19年5月〜20年3月で、18年度に続き通年で実施する。19年5〜9月の上半期は「サザエさん」を起用。同10月〜20年3月の下半期はポケモンの「ラプラス」を中心に展開する。県内の観光地や食などをPRする動画やポスター、パンフレットなどを制作する。
 県は19年1月18日、仙台市内のホテルで記者会見を開き「サザエさん」を起用する春・夏のキャンペーンの概要を発表する。
 村井嘉浩知事は25日の定例記者会見で、人気アイドルグループを起用した18年度キャンペーンについて「知名度のある人に務めてもらうことの効果を実感した」と強調。19年度の取り組みに関し「家族連れを中心に、たくさんの人が宮城を訪れてくれるように進める」と話した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年12月26日水曜日


先頭に戻る