宮城のニュース

<いちおし土産>乳製品や卵、使わず ラ・メゾン・ローズ(仙台市青葉区)のリンツァートルテ

アーモンドとラズベリーの風味が豊かなリンツァートルテ

 しっとりとして香ばしいアーモンド生地にラズベリージャムの酸味がアクセントを添える。
 オーストリアのリンツ地方発祥の手作りタルト。生地には皮ごとのアーモンドやシナモンを練り込んだ。バターなどの乳製品や砂糖、卵は使っておらず、アレルギーを持つ人も安心して食べられる。
 店は、子どもの頃から菓子作りが好きだったスイス人女性、ウィスラー・アーモアさん(26)が今月11日に開いた。
 アーモアさんは3年前に来日し、塩釜市の小学校で外国語指導助手(ALT)として働いていた。アレルギーを持つ児童や母親の苦労を知り、乳製品や卵を含まない菓子を作ろうと決意した。
 豆腐でチーズの味を再現した「クリームチーズベーグル」(550円)も一押し。アーモアさんは「素材の味を楽しめると思う。誰でも気軽に足を運んで味わってほしい」と話す。

<メモ>1切れ550円。店舗の住所は仙台市青葉区小松島3の1の48。営業時間は火―金曜が午前10時〜午後5時。土曜が午前10時〜午後3時。日、月曜と祝日定休。年末年始は23日から1月3日まで休業。写真共有アプリ「インスタグラム」で商品を紹介している。


関連ページ: 宮城 経済

2018年12月27日木曜日


先頭に戻る