宮城のニュース

<IWC脱退>石巻市長「反捕鯨国の理解得る努力を」

 近代捕鯨発祥の地で、国内有数の捕鯨基地があった宮城県石巻市の亀山紘市長は「大変な驚きだ。来年7月に30年ぶりに再開される商業捕鯨については、国際的な批判も予想される。(政府には)反捕鯨国の理解が得られる取り組みを期待したい」との談話を発表した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年12月27日木曜日


先頭に戻る