福島のニュース

仏像計5体が二つの寺から盗難 福島・会津坂下

 福島県会津坂下町の恩乗寺と円城寺で、仏像計5体が盗まれていたことが26日分かった。会津坂下署が窃盗容疑で調べている。盗まれたのは恩乗寺本堂にあった阿弥陀如来立像と菩薩(ぼさつ)像2体、円城寺本堂にあった阿弥陀如来坐像(ざぞう)と閻魔(えんま)像。同署によると、恩乗寺は出入り口の鍵が壊され、円城寺は本堂に続く裏口のガラスが割られていた。ともに住職は常駐しておらず、普段は無人という。寺を管理する檀家(だんか)らが被害届を出した。


関連ページ: 福島 社会

2018年12月27日木曜日


先頭に戻る