宮城のニュース

<災害公営住宅>居住者死亡後にネコ十数匹など放置 気仙沼市が親族提訴

 宮城県気仙沼市唐桑町の災害公営住宅を不法に占拠しているとして、気仙沼市は27日、関東圏に住む50代女性に対し、住宅の明け渡しと修繕費用など636万円の支払いを求める訴えを、仙台地裁気仙沼支部に起こした。
 訴状などによると、女性はこの住宅で1人暮らしをしていた80代契約者女性の親族。契約者が今年6月に死亡し、女性には住宅を使用する権利がないのにもかかわらず、自分の荷物やペットのネコを残したままにしている。市は親族に再三、明け渡しを求めたが応じなかったとしている。
 ネコは十数匹おり、壁や床、柱などに被害が生じたほか、餌やふんなどによる強い臭いも発生。市は修繕にかかる577万円の費用と未払い分の家賃の支払いを求めた。
 菅原茂市長は「長期間にわたり付近の住民に心配を掛けているため、年内の提訴に踏み切った。早期の解決を図りたい」と話した。


2018年12月28日金曜日


先頭に戻る