岩手のニュース

<東北新幹線>走行中に床下から異常音 岩手北部で緊急停止、25分遅れ

 27日午後9時ごろ、東京発新青森行き東北新幹線はやぶさ35号が、岩手県のいわて沼宮内−二戸間を走行中、緊急停止した。運転士が床下から「ドン」という異常音がしたことに気づいた。点検で車両に異常は見つからず運転を再開、25分の遅れが出て約480人に影響が出た。
 JR東日本が原因を調べている。乗客や乗務員にけがはなかった。


関連ページ: 岩手 社会

2018年12月28日金曜日


先頭に戻る