宮城のニュース

<コンビニ強盗>自宅から刃渡り約20センチの包丁を発見

 仙台市太白区のコンビニエンスストア「ファミリーマート四郎丸吹上店」で起きた強盗事件で、仙台南署に強盗容疑で逮捕された市交通局長町営業所の運転手中田健太郎容疑者(27)=同区四郎丸昭和北=が事件で使用したとみられる包丁が自宅から見つかったことが28日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると同日夕の容疑者宅の捜索で、コンビニの防犯カメラに映っていた刃物と酷似した刃渡り約20センチの包丁を発見、押収した。容疑者は自宅から包丁を持ち出し、事件後に包丁を自宅に戻した上で27日午前5時半ごろ、同営業所に出勤したとみられる。
 容疑者は27日午前2時45分ごろ、同店に押し入り、アルバイト店員の男性(38)に刃物を突きつけて脅し、現金約11万5000円を奪ったとして逮捕された。


関連ページ: 宮城 社会

2018年12月29日土曜日


先頭に戻る