宮城のニュース

<ジャンボ門松>古里のヨシ 帰省客に「お帰りなさい」

作業員の手で整えられた巨大門松

 宮城県石巻市北上町の新北上大橋近くに25日、地元特産のヨシを使った巨大門松2基が設置された。来年1月8日まで飾られ、年末年始の帰省客を迎える。
 門松は高さ約4メートル、直径約2メートル。円形の土台にヨシの束をくくり付けた。「賀正」「復興」と書かれた幕と、縁起物の松やナンテンの枝、しめ縄などを飾り付けた。
 石巻観光協会が市災害防止協会北上支部の協力を得て設置した。同観光協会の横山宗一副会長(62)は「ジャンボ門松は北上の正月になくてはならないもの。古里に帰ってくる人にお帰りなさいという思いを込めた」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年12月29日土曜日


先頭に戻る