宮城のニュース

<仙台初売り>平成最後、繁盛願う 2日スタート 「ランボルギーニ」の福袋も

仙台初売りを前に、福袋の袋詰め作業を進める藤崎の従業員ら

 平成最後となる仙台初売りが来年1月2日、仙台市中心部などで始まる。大型商業施設や商店街の店舗は、顧客ニーズやトレンドに対応した企画や福袋をそろえた。地域を盛り上げ、節目の年の商売繁盛を願う。
 藤崎は来年の創業200周年を記念し、東北の伝統工芸で仕上げた三月人形(19万4400円、10台)や限定醸造酒「山和星(やまわぼし)」(2000円、1000本)などを発売する。
 ランボルギーニのスポーツタイプ多目的車「ウルス」(3600万円、1台)や婦人靴20足入り(2万円、5袋)などの福袋約3万個も用意した。
 仙台三越も約3万個の福袋をそろえた。甲冑(かっちゅう)姿の写真撮影(1万800円、5人)や、同店のスタッフが顧客とサプライズ企画を考える福袋(3100円、商品代金や実費は別途必要、3人)を提案。仙台うみの杜水族館(宮城野区)でイルカのトレーナーなどを楽しめる1日飼育員体験(2万7000円、4組)なども販売する。
 JR仙台駅前の商業施設では、エスパル仙台が約2万1000個の福袋を用意した。在仙プロスポーツチームの東北楽天とベガルタ仙台、仙台89ERSの各試合の観戦チケットなどが付いた福袋を提供する。
 仙台パルコ・パルコ2は約1万3000個を用意。主力の衣料品に加え、食品や有名ブランドのコスメなどの福袋も販売する。
 イービーンズは福袋のほか、ライブや玉こんにゃくのお振る舞い、けん玉チャレンジなどを企画する。


関連ページ: 宮城 経済

2018年12月30日日曜日


先頭に戻る