宮城のニュース

<B2仙台>茨城を84−77で下し3連勝 首位浮上

仙台―茨城 第1クオーター0分、仙台・白戸がシュートを放つ

 29日、水戸市の青柳公園市民体育館などで試合があり、東地区の仙台は茨城を84−77で下した。3連勝で通算成績は19勝8敗。勝率で茨城と並んだが、直接対戦の成績により、3位から首位に浮上した。
 東地区4位の福島は西地区の奈良に97−67で勝った。5位山形は中地区の信州に53−74で敗れた。
 30日、東北勢は茨城−仙台、信州−山形、奈良−福島、広島−青森のカードが組まれている。

◎後半攻勢 逆転勝ち

仙台(19勝8敗)84 12−11 77 茨城(19勝8敗)
             8−20
            29−14
            35−32
▽観衆 1814人(水戸)

 仙台は守りの連係の良さが目立ち、逆転勝ち。激しいマークで茨城の3点シュートを阻んだ。後半は攻勢を強め、沢辺がドライブで再三得点機をつくった。フリースローも着実に決めて得点を重ねた。


2018年12月30日日曜日


先頭に戻る