岩手のニュース

<全国高校ラグビー>黒沢尻工、敗れるも優勝候補相手に粘り

 ラグビーの全国高校大会第4日は1日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で3回戦8試合が行われ、Bシードの黒沢尻工(岩手)はBシードの常翔学園(大阪第3)に逆転で敗れた。

 黒沢尻工は優勝候補相手に粘りを見せた。「自分たちのラグビーができた」。2トライのナンバー8根子は、満足そうな表情だった。
 前半7分に先制されたが、14、18分にFW戦からトライを奪って逆転。「赤べこ軍団」らしいラグビーで関西の強豪に冷や汗をかかせた。
 モールから押し込んだ根子は「モールは黒沢尻工の伝統。関西勢を相手に意地を見せられた」と振り返る。後半は展開からもトライを奪い、佐藤主将は「FWでもバックスでもトライが取れる持ち味はしっかり出せた」。笑顔で花園を去った。


関連ページ: 岩手 スポーツ

2019年01月03日木曜日


先頭に戻る