宮城のニュース

<青い海図画コンクール>大崎の加藤さんが2管本部最高賞 塩釜で表彰式

「海上保安制度創設70周年記念 第2管区海上保安本部賞」を受賞した加藤さんの作品
佐々木本部長(左)から賞状を贈られる加藤さん

 「未来に残そう青い海・海上保安庁図画コンクール」で東北の上位に入賞した小中学生の表彰式が12月27日、塩釜市の第2管区海上保安本部であった。
 最高賞「海上保安部創設70周年記念 第2管区海上保安本部賞」に選ばれたのは人魚やダイバー、海の生き物を鮮やかに描いた大崎市松山小4年加藤優衣さん(9)で、佐々木幸男本部長から賞状が贈られた。
 海のごみや汚れを残念に思う加藤さんは「きれいな海を思って描いた。受賞はうれしい」と話した。
 これに次ぐ2管本部長賞(3人)の小学生低学年の部を受賞した釜石市唐丹小2年千葉柊瑛(しゅうえい)君(8)、中学生の部の塩釜市玉川中2年川村南翔(みなと)さん(14)、海上保安協会東北地方本部長賞(3人)の中学生の部を受賞した名取市一中2年高橋真歩さん(14)にも賞状が手渡された。
 コンクールには東北の小中学生から1468点の応募があり、9月に最終審査があった。他の上位入賞者は次の通り。(敬称略)


関連ページ: 宮城 社会

2019年01月04日金曜日


先頭に戻る