宮城のニュース

<Uターンラッシュ>笑顔思い出 また来るね

見送る祖母とガラス越しに手を合わせる子ども=3日午後3時30分ごろ、JR仙台駅

 年末年始を古里で過ごした帰省客のUターンラッシュが3日、ピークを迎えた。東北から首都圏に向かう新幹線は終日満席となったが、高速道路に目立った混雑はなかった。
 JR東日本仙台支社によると、東北新幹線は午後1時7分盛岡発東京行きやまびこ48号の自由席の乗車率が仙台駅で180%に達した。
 仙台駅の上り線ホームは、荷物を持った家族連れで混み合った。仙台市の実家に家族4人で帰省した東京都豊島区の飲食店経営熊谷達也さん(41)は「両親らと大崎市の鳴子温泉でゆっくりできた。子どもたちの顔も見せられ、良い正月だった」と笑顔で話した。
 日本道路交通情報センターによると、東北自動車道の上り線は3日午後3時35分ごろ、事故のため仙台市青葉区の仙台宮城インターチェンジ付近で最大4キロの渋滞が発生した。


関連ページ: 宮城 社会

2019年01月04日金曜日


先頭に戻る