宮城のニュース

<初売り>野菜の福袋に列 道の駅村田

用意された各種福袋を購入する買い物客

 宮城県村田町の道の駅村田で3日、年始恒例の新春初売りが始まった。開店前から長い行列ができ、多くの来場者が目玉商品の地元産野菜の福袋を次々と買い求めた。4日まで。
 計1000円相当の野菜7点が入った500円の福袋を100袋限定で販売。みそや納豆、菓子の福袋と一緒に購入する人もいた。
 仙台市太白区の無職舟山和之さん(71)は「道の駅村田は安くて新鮮な野菜が魅力。今年もたくさん足を運びたい」と話した。
 4日は午前9時から。野菜の福袋は100袋用意する。1000円以上の購入者やレストランの利用者を対象とした抽選会もある。町内の石版画家生田目富紀夫さんの作品展も4日まで開催中。連絡先は道の駅村田0224(83)5505。


関連ページ: 宮城 社会

2019年01月04日金曜日


先頭に戻る